WiTHPAiN

we gotta borderless

私がサブコンセプトに起用した言葉。

これは、音楽家SHUHARIHITO氏の楽曲名。

2017年に、社団法人WITH ALS代表の武藤将胤氏のために書き下ろした大切な曲です。

borderless fashion brand「01」のPR back story動画に使用されております。

当時、私が日頃うまく言語化できていなかった、むしろ押し殺していた感情を見事に代弁した歌詞でした。そして私のココロの支えとなりました。

意訳すると、「私たちはボーダレスを手に入れた」という意味。「手に入れよう」、じゃなくて「手に入れた」というニュアンスがとても気に入っていました。

そう、もうその世界を手に入れている人たちもいるけれど、ただ数として少ないだけ。気づいてない人たちが多いだけ。うーん、今風で言うなら、バズればいいってことよね!バズったあとで、そのまま根付く方法考えないとな。むにゃむにゃ。

2018年、自分の病名が解ったので専門医を諦めて治療優先するか、体調悪化を覚悟で資格をとってから世の中に飛び出すか。非常に悩んだのですが、「挑戦しなかったことをいつか後悔するかもしれない。資格があった方が世の中的信用度が上がるらしいなら、やるか!」と、地獄コースを選択しました。

案の定、ギリギリの戦いに。専門医試験勉強で追い詰められていても、「絶対このボーダレスな世界を広げるんだもん(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)we gotta boedrless!No limit,your life!!!!!だもん」と、夢を膨らませていました。

この夢は、日々の理不尽な事柄や誹謗中傷から私を守ってくれました。

2018年12月、すべての逆境に打ち勝ち合格をもぎ取るのでした。

2019年4月。

休職してしばらく、自分が何をやりたくてどうすれば人に伝わるのか、思考整理をするためにノートを書いていました。ずっと考え続けていた割に、いざ文字として書き出すのは非常に困難な作業。しかも今までそっ閉じしてきた感情と向き合わないといけない。つらみ。

理想や夢と、イマココの自分の間をつなぐためのアウトプットができない。

やはりこの言葉を反芻しました。

We gotta borderless. 

あれ?そもそもこれは私の勝手な解釈で、作り手の想いってどうだったのかな?と、2年越しにSHUHARIHITOにその意味を改めて聞いてみることにしました←(フットサル友達)

久しぶりに突然連絡したにも関わらず、すんなり返事は返ってきました。

以下一部改変して掲載。

み:「we gotta vorderlessの意味合い、意図としては、境界を超える必要がある/超えよう/超えられた、どれに近い感じで作ったの?それともなんでもいいように英語にしたの?」 

S:「これはね、got to の方じゃなくて、got aの短縮形のつもりで書いてるから、直訳して“僕らはボーダレスを手に入れた”みたいな意図〜」

み「ボーダーレスってゆう概念を、あえて一個の“a”って言いたかったのかな」

S「本来形容詞だから、無理やり名詞にしちゃってる!」

…日本よ、これがアーティストだ!!

と、衝撃が走りました。

モノのとらえ方、見え方、想像力、表現力が無限大なのでしょう。

私自身がまだまだ全然ボーダーレスじゃない!  

人に自分の思考を伝えることを生業としている彼らアーティストを心から尊敬します。

感銘を受けた私は自分のやりたいことを熱弁して、なんかあったら協力してね~~~!と伝えると、「もちろん。そんな中すみませんが、ボーダーレスは“V”じゃなくて“B”でございます…w」というなんとも格好悪いオチで終わるのでした。

〝うぃがったゔぉーだれす!〟になるところだった

※SHUHARIHITO/佐伯ユウスケ

〝守破離〟+〝人〟から由来しているそう。

人生初めてのアーティストの友人。彼との出逢いで「音楽業界の人なんてどこか別の世界の人」という思い込みは吹っ飛んだ。彼らもいたって人間くさい人間でしたw

〝うーいーあー〟特に好きな一曲